環境サミットin函館

by

今日は、男子はIRISの設営作業で、女子は環境サミット2008in函館というイベントの参加をしました。

まずはイベントのお話しを。

イベントは国際ホテルで行われたのですが、

アースキャラバンの活動報告や、

ピーター・ハウレットさんが講師をつとめたワークショップ「風をつかまえよう」の発表、

辻信一さんの基調講演、そして辻さんをコーディネーターとしたパネルディスカッションがありました。

アースキャラバンの車

↑看板と記念に一枚。

 

「伝説のスピーチ」のDVDが流れたのですが、思わず涙ぐんでしまいました。

1992年の地球サミット(リオデジャネイロ)で、セヴァン=スズキという12歳の少女が行ったものです。↓

http://www.sloth.gr.jp/relation/kaiin/severn_riospeach.html

>>親たちはよく「だいじょうぶ。すべてうまくいくよ」といって子供たちをなぐさめるものです。あるいは、「できるだけのことはしてるから」とか、「この世の終わりじゃあるまいし」とか。しかし大人たちはもうこんななぐさめの言葉さえ使うことができなくなっているようです。おききしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。

>>父はいつも私に不言実行、つまり、なにをいうかではなく、なにをするかでその人の値うちが決まる、といいます。しかしあなたがた大人がやっていることのせいで、私たちは泣いています。あなたがたはいつも私たちを愛しているといいます。しかし、私はいわせてもらいたい。もしそのことばが本当なら、どうか、本当だということを行動でしめしてください。

ぜひとも全文を読んでいただきたいですが、とても心に響きました。

環境問題は取り扱うのが非常に難しい問題ですが、

今日のようなサミットを通じて、まずは個人が意識を高めていくことが重要なことであるとあらためて実感させられた日でした。

さぁ、イベントまであと2日です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。